ブログに見込み客を思い通りに集客し売上を月100万円以上に伸ばす方法

集客のために価格を下げると意味がない


 

集客のために価格を下げると意味がない

 

今日は

「集客のために価格を下げると意味がない」

というテーマでお話します。

あなたがもし、
起業して集客で困っていたら

「価格を上げてください」と言うと、

「何言ってるの?」

と言われそうですね。

稼げない人の頭で「集客」を考えた時、

「人が集まらない」から
「価格を下げる」

と考えてしまいます。

実は、そうすると、
ますます、人が集まらなくなります。

偶然、価格を下げて集客できたとしても

「無料だから来た人」や
「低価格だから来た人」

が集まり、

本来あなたが提供したい商品を
売ることが出来ません。

もし、
「無料」や「低価格」だから来た人向けに

30万円以上の商品を売ろうとしても、
商品の価値を「価格」で決めていますから

「高い」と言われるだけです。

「高い」と言われ続けると、
あなたもストレスが溜まるだけに
なってしまうでしょう。

あなたが起業しているビジネスは、
「人生を変える」ビジネスです。

「無料」や「低価格」で集まってくる人は

「自分の人生を変えたい」のではなく、

「ただ話を聞いて欲しい」だったり

「ストレスを解消したい」

といった感情を吐き出したい人ばかりです。

そんな感情を吐き出すために、
30万円ものお金を払う人はいません。

あなたの望んでいるお客さまは、
「人生を変えたいと思っている人」
のはずです。

なので「価格が安い」と言うだけで
寄ってくるお客さまは、
他の方におまかせして、

あなたが本当に
助けたい人を集めるようにしてください。

時間は有限です。

「人生を変えたくない」と思っている人を
相手にするだけで時間の無駄です。

あなたは
「あなたが使いたい時間」
をしっかり見極めるようにしてください。

現状、
稼げてないとしても

今から時間の使い方を
身につけていってください。

それが、
「豊かになる」ための秘訣です。

 

なぜ、「価格を下げる」と集客できると思うのか

 

稼げない起業家の多くは
「価格を下げて」提供する意味を勘違いしています。

「無料」で提供するのは、
ビジネスの戦略としては、ありえます。

しかし、「あなたが集めたいお客さま」に対して
なんでも無料で提供して良いのではありません。

「無料」だと、
人は集まりやすいですが、

その人達は本当にあなたのお客さまになりますか?

「無料」もしくは「価格が安い」という理由で
集まった人は、目的が「価格」になっています。

つまり、
中身は、どうでもいいのです。

よく家電量販店で
「安い家電」を探す人がいますよね。

なぜ、「安い家電」を
量販店で探すのかというと

もちろん、「価格が安いから」です。

しかし、この「価格が安い」という理由は
どこからきているかというと
「商品が同じだから」です。

「商品が同じ」だと比べるところが
どうしても「価格」になります。

例えば
パナソニックの50インチのテレビが欲しい
と家電量販店に行きました。

ヨド◯シカメラでもビ◯グカメラでも
ヤマ◯電機でも、

パナソニックの50インチのテレビは
型番が同じなら同じ商品ですよね。

そしたら、わざわざ高いお金を出して買う

というのは、確かにバカらしいことです。

では、あなたの商品はと言うと
周りのライバルと
同じ商品を扱っているのでしょうか?

もし、
ライバルと全く同じなら、
安い人から買います。

なので、
ライバルと同じ商品だったら、

「価格を下げる」のではなく

ライバルよりも「付加価値を付けて」

「価格を上げる」戦略を取らなければなりません。

そうしなければ、
いつまでたっても

家電量販店と同じで
「価格競争の中」でビジネスをすることになります。

「付加価値を上げられないライバル」が
離脱するように、

あなたの商品価値を上げる努力は必要になります。

しかし、
その努力をすることで、

しっかりとした価値を提供し、
対価をいただくことが本来のビジネスです。

ましてや
あなたのビジネスは

「クライアントの人生を変えるコーチング」ですから
対価は大きくなるのは当たり前です。

「価格を下げよう」とするのは
「稼げないコーチ」がすることなので、

集客ができない理由を
「価格」にしないようにしてください。

次は、
なぜ、価格を下げて集客しようとするのが
間違っているのか、説明します。

 

なぜ、価格を下げて集客しようとするのか

 

では、なぜ、
「価格を下げて集客しようとするのか」
を説明します。

なぜ、
価格を下げてまで
集客しようとするのでしょうか?

理由は、モデリングをするからです。

起業をしようとした時に、
リサーチしたと思います。

同じようなポジションを取っている人が、
「セミナー無料」で集客しているとしたら、

あなたは、
「3000円は高いかも」と思ってしまうからです。

そして、日頃のお金の考え方で
「安いほうが相手にとって良いかも」
と思ってしまう可能性もあります。

現状稼げていない思考の癖として
「相手の懐具合を想像する」
というのがあります。

相手は
「安いほうが良いだろうな」
と思っているかもしれないという感情です。

しかし、
セミナーに参加する、しないは
相手が決めることです。

本当に参加したければ、

あなたが「高い価格」をつけても

参加してくれます。

逆に、

全く興味なければ「安い価格」でも

参加してくれないでしょう。

価格を下げることで
「参加しやすい」と思うのは、
一種の甘えからくる感情です。

「今のコンテンツのまま」で
参加してもらいやすいようにと
考えがちです。

そうではなくて、
あなたが参加者に本当に喜んでもらえる内容を
提供することに必死になることが先決です。

価値を理解している人は

「価格は高ければ高いほうが良い商品」

と考えています。

価値を理解していない人、

つまり、
多くの普通の人は、

「価格が安ければ安いほど、参加者に良い」

と考えます。

この違いが価格設定に大きく影響します。

なので、もし、
「価格を下げたほうが参加者が多くなる」
と考えているのであれば、

「付加価値を付けて、参加者を多くする」

という考え方に変えていかなければなりません。

人を多く集めることより、

「参加者によりよい情報を提供するには
どうすればいいのか」

を考えていかなければ、
あなたの理想のお客さまを集めることは
難しいでしょう。

 

では、なぜ、「無料」で情報を提供するのか

 

では、
「なぜ、無料で情報を提供しているのか」
ということになりますよね。

それは、
「あなたの存在を見込み客に知ってもらうため」
です。

あなたが理想のお客さまを集める時に、
ほとんどの人が、あなたの存在を知りません。

なので、
「無料」の情報を提供して

「あなたの存在」を知ってもらうことが
必要になってきます。

これは、
ビジネスモデルとも関連するのですが、

あなたがどのように

「稼げる仕組み」をつくろうとしているのか
しっかりと組み立てる必要があります。

「無料で情報を提供する」のは

「ネットで見込み客リストを集める」
「無料セミナーで参加者リストを集める」

といった
「リスト取り」と呼ばれる部分で使われます。

これは、
「ラポール」と呼ばれる
「信頼関係を築く」前の段階です。

多くの稼げない起業家が、
「無料で人を集めて、その場でセールス」
してしまいます。

そうするとどうなるかというと
「信頼関係」ができていないので、
「いらない」と言われるわけです。

これは、当たり前ですよね。

「無料」と言われてセミナーに行って、
「商品を売り込まれた」としたら
あなたはあまりいい気持ちにはなりませんよね。

かといって

「無料セミナーですが、売り込みがありますよ」

と言われると今度は
行く気がなくなりませんか?

なので、
ビジネスモデルを作る上で

「無料」の位置づけを
明確にしておく必要があります。

「無料」で情報提供していいのは、

「リストを取る」時だけです。

多くの人が

「無料」で人を集めて、セールスしようとします。

これでは、ビジネスが回りません。

「無料」で人を集めて、

「信頼関係を作るためにリストを取る」

ことが重要です。

しかし、
もし、あなたのポジショニングが曖昧で、

「誰でも良いから集めたい」のであれば、

「あなたが来て欲しいお客さま」になるように、

リストをふるいにかける必要があります。

そうしなければ、
リストの中に

「あなたの商品に興味がない人」まで
混ざってしまうからです。

なので、
しっかりふるいにかけながら
「信頼関係」を作り、

体験セッションやセミナーに参加してもらった後、
セールスすることになります。

この「ビジネスモデル」をしっかり
意識しているかどうかで

「無料」や「低価格」でいいかどうか
判断してください。

「人を集めたい理由」だけで
「無料」や「低価格」で人を集めても
商品は売れません。

しっかりと
この違いを理解してくださいね。

 

ビジネスが回るようになれば無料でも良い

 

違いが分かるようになれば
「無料」で何かを提供してもかまいません。

ビジネスが回るようになれば、
広告費をどんどんかけて
「無料」で人を集めてもかまいません。

なぜなら、
ビジネスが回っているということは、

しっかりと「利益が取れる仕組み」が
できあがっているからです。

ビジネスが回るようになれば、

どれぐらい広告費をかけたら、
いくらぐらいの利益が出るか、

ということが分かっています。

つまり、
広告費をかければかけるほど、

利益が出る仕組みが
できあがっているからです。

起業した頃は
資金繰りが難しいです。

お金をどこに投資すれば良いのかが
まだ理解できていません。

なので、
できるだけ無料のツールを使って
ビジネスを組み立てようとします。

しかし、アメブロやFacebookのような
無料の媒体は、
いつ、利用できなくなるかわからないので、

いずれは、自分が管理できる媒体に
していかなければなりません。

今はLINEも良い集客ツールですが、
いずれ、使えなくなるでしょう。

他人が運営しているツールは
ルールが変わると使えなくなるのです。

なので、
自分が管理できる

「メールアドレス」を集めることが
重要なのです。

そして、
どんどん資金が回るようになったら、
利益が増える仕組みを作り上げます。

PPC広告を使って
「クライアントを自動で集める仕組み」
も必要になります。

「広告費をいくら使ったら
どれぐらいの利益が出るのか」

がわかれば、
後はどんどん広告費を増やすだけです。

そうなると
メールマガジンに登録してもらうだけでも
利益が上がるようになります。

例えば、
広告費10万円を使うと
300リストが集まる仕組みが出来たとします。

仮に100リストで1人、30万円の商品が
契約してくれるとするならば、

10万円の広告費で
3人が商品を買ってくれます。

とすると
10万円の広告費で90万円の売上が上がります。

では今度は、
100万円の広告費を使うと
900万円の売上が上がるということになります。

重要なのは、
「広告費がいくらで、売上がいくら上がるのか」
把握することです。

把握できれば、あとは
掛け算の世界になるので、
売上が計算できます。

ただ、次のステージがあります。

実際に900万円の売上が上がると、
30人クライアントが増えます。

そうするとあなたの時間が無くなります。

なので、
セッション単価を上げたり、

塾を作ったりといった
別の仕組みも組み合わせる必要が出てくるのです。

いかがでしょか?

ビジネスモデルはとても重要です。

ビジネスモデルを作ることができれば、
売上は計算できるのです。

計算できると、安定した売上を確保できて、
安心感につながります。

そのためには、
「無料」や「低価格で」で人を集めないことは
とても重要です。

あなたが「集客する目的」は

「あなたが来て欲しいお客さま」を集めるためです。

「あなたが来てほしいお客さま」は

「あなたの商品が必要なお客さま」なのです。

なので、あなたは
「あなたの商品が欲しいお客さま」を集めることを
していかなければなりません。

そのお客さまが

「本当に無料で良いのか」
「本当に安い商品でいいのか」

考えてみてください。

それがビジネスの本質です。

「お客さまのために」
「価格を下げる」ということは

一見良さそうに見えますが、
ほんとうの意味では

「お客さまのため」ではありません。

本当に「お客さまのために」なるのは、

「人生を変えてあげること」です。

「お客さまの悩みを解決し、
理想の未来を手に入れてもらうこと」

が本当に「お客さまのために」なることです。

価格を下げることではありません。

そこをしっかり理解して、
あなたがやるべきこと、
やりたいことを明確にしてください。

ぜひ、あなたが
1日でも早く
1人でも多く、悩みを解決し、

理想の未来に連れて行くことができるように
祈っています。

ban1

クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ動画講座に登録
https://azconsulting.jp/coachingh/

【ズームを使った無料勉強会のお知らせ】

セールスやクロージングが苦手で稼げないコーチのための
ズームを使った無料勉強会開催

詳しくは下のURLを今すぐクリック

ズームを使った無料勉強会のお知らせ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP